怪我

20e6d437e28ef67770b381ac814cc374.jpg

久しぶりに故障しました。

ちょっと無理したらふくらはぎが肉離れ。

ヒラメ筋がどうにかなってしまった。

なので20年ぶりぐらいの松葉杖生活を送っていました。

まだ腫れがひいていませんがやっとのことで復活。

しかし、未だに静座ができません。

1カ月以上正座も結跏趺坐もできていません。

ですから静座の重要性が痛いほど身にしみました。


・・・据わりが全く良くないのです・・・






↓ 広告は自動表示されるもので当教室とは関係ありません。

道衣

6af5b89c2e565da65619d9dec23c1510.jpg

古武術功心道 メンバー全員で道衣を揃えました。(欠席されている方多数?)

しかし、いい雰囲気。

一体感が出て なお一層稽古に身が入る?



写真は・・・・「転掌」





↓ 広告は自動表示されるもので当教室とは関係ありません。

こんなの・・・・・好き

こんなことを大真面目にやっている人たち。

傍目から見るとばかばかしいとも思えることに真剣に取り組む。

個人的には凄く好感が持てます。









これはあくまで芝刈り機。

時速200km/hで疾走する芝刈り機。

なのでちゃんと芝を刈ることが出来ます。

さぞかし早く刈れることでしょう。


こんなことに莫大な(?)費用と時間を掛けて取り組んでどうするって声も聞こえそう。

会社としての意地や広報活動の一環でやっているのかもしれませんが、

おそらく市販車や農耕具にフィードバックできる技術の確立という意味があるのだと思います。


一見なんの意味も関係もないと思われることでも、もの作りの観点に立つと後々のための技術の構築や

応用に結びつけることができるということ。


古武術でも同じことが言えると思います。

一見何のためか、また何の意味があるのか分からない動きの反復稽古も、

各人の武術力向上のために必要不可欠なものであることが多々あります。


直接にはなんの役に立つのか分からないような地道な稽古。

そんな稽古こそ一番重要だと考えております。







達人

世の中には達人が多く存在します。

いろいろな意味で・・・・・


しかし、この方は正真正銘「達人」だと思います。

武術に年齢はまったく関係ないのです。

文字通り 「老若男女どなたもできる」ってことです。


2014年 初稽古




2014年

功心道空手功心会少年部

キッズ空手教室の初稽古

 今年も無事始動開始。



最初の稽古の割に・・・・・「みんなー・・・・元気かー!」

って声をかけたくなってきた。



子どものくせに正月ボケか~。



ま、休憩時間には元気に走り回っていたので大丈夫でしょう。







さて、少年部の次は大人の部



古武術功心道 

古武術教室の初稽古



こちらは3名参加の少し寂しい稽古初め。


少年諸君。

大人は仕事や様々な用事があるから大変なんですよ。

お父さん、お母さんに対する感謝の気持ちを忘れないで下さい。




 ↓ 広告は自動表示されるものであって、当団体とはなんら関係ありません。



プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ