アイドリングストップは・・・・・



最近購入したセカンドカー。

ちょこちょこその辺走るのに非常に便利。

機動力抜群。

私自身は古い味のある車にしか興味がないのですが、

そんな車は実用性がいまひとつ。

なので利便性に負け、この最新軽自動車によく乗ります。

ほとんど悪路は走りませんので4駆は必要なしと判断。



今の車は至れり尽くせり。

レーダーサポートブレーキシステムやバックモニターなんてものまでついている。

それに・・・・・アイドリングストップ機能も・・・・・

 しかし、これにはどうも慣れません。

もちろんキャンセルスイッチもあって機能しなくなることも選択できますが。



さて、ここからが本題です。

武術的にはこのアイドリングをストップさせるというのが非常にまずい。

エンジンが止まってしまえば瞬時に動くことは不可能です。

すぐに動ける体勢に入るまでタイムラグがあります。

身体は止まっているように見えても常にエンジンが掛かっている状態を

維持しなければなりません。

これは決して「居つく」状態ではないのです。

なぜなら外から見ると止まっているように見えるだけで

実際にはアイドリングされていていつでもすぐに動ける状態にあります。

もっと言えば・・・・ギヤは既に入っていて半クラッチで微妙に動き出す状態。

それをハンドブレーキでどうにかバランスをとって動かないでいる状態。

このような状態で構えられていては絶対に中には入っていけません。

そんな人のバリヤを突破することは非常に困難かと思われます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ