攻防




相手の動きを手で感じる。

感触を大切にするので決して腕、手に力が入ってはいけません。

力を入れてしまうと接触面の感触が希薄になり、力対力の勝負になってしまいます。


手はあくまでセンサーの役目をしているだけで、実際はお腹で勝負しています。

イメージで言うと、お腹から直接手が生えていてお腹が動くとそれにつられて手が動いてしまう。(ここ大事です)


 こんな稽古を地道にしております。

全く。 マニアックなことです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

功心道

年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ