突き受け




突きを受けるのも力任せではいただけません。

力対力の勝負になってしまっては、強烈な突きは受けることができません。

そこで、相手の軸を捕る稽古、訓練が必要となってきます。

相手が想定している突きの爆発ポイントの少し手前で突きを捕ってしまう。

そんな感覚でしょうか。



本来、自分から離れた突きをわざわざ受ける必要は全くありません。

当然自分のいやなポイントに当たるであろう突きさえ受ければいいのですが、

身体の中心に近い場所で捕ろうとすると、どうしても力に頼ってしまいます。


ですから、ここでは敢えて身体から離れていて力の入れようのない位置で突きを受けています。

離れた場所で力まず相手の突きを獲れるようになれば、

身体の中心で突きを獲るのは簡単なことになってきます。




↓ 広告は自動的に表示されるものであって、当団体とはなんら関係ありません。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

功心道

年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

プロフィール

功心道

Author:功心道
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ