合気上げと合気下げ

腕を獲られた場合・・・・・

例えば手首を握られていたら、握られた手首で勝負してはいけません。

獲られた部位に力を入れそこをなんとかしようとしても、それではただの力比べ。

力が自分より強い相手には決して通用しません。








相手と接触している部位で相手を感じ、相手の軸を獲ってしまいます。

掴まれていることは忘れ、軸を獲ったその部分はそのまま置いておく。

維持しておいて身体の他の部分が動き出すイメージです。



掴まれた部位で勝負していないので、相手は対処できなくなります。

結果:こちらが掴まれているのにかかわらず、相手をコントロールできるということ。



大人二人にそれぞれ両手で手首を掴まれていても・・・・・・この通り。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

功心道

年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

プロフィール

功心道

Author:功心道
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ