手合わせ

「手合わせ」とは、文字通り手を合わすこと。

相手と手を合わせると、瞬間的に相手の度量、器量が分かるということ。

触れると相手の人となりが分かるというか想像出来る。

触れる以前、相対したときに伝わってくるものを感じられるようになると大したものです。



私はバイクに乗る機会が多々ありますが、車と違い体がむき出しなので、自分の身は自分で守るのが鉄則。

そして、複数で走る時には信頼関係がないと危険ですらあります。

また、体がむき出しなので、その人となりが分かりやすいのがバイクの特徴です。



一緒に走るとすぐに人となりが分かるので、集団走行していても統率が取れます。

先頭を走ることがありますが、それぞれの器量、度量が分かれば安心して走行できます。



先日も室戸岬まで日帰りでツーリングに出かけました。

初対面の方が二名いらっしゃいましたが、少し一緒に走ればすぐに人となりが分かり、

安心して先頭を走ることができました。

なかには肌で感じることができない人もいるわけで、そんな時は非常に疲れると思います。



「手合わせ」ならぬ「走感合い」?

ほんと、武術とバイクはよく似ている。





全く疲れることなく気持ちよく先頭を走らせて頂いた先日のツーリングの動画です。

         よろしかったらどうぞ

            ↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ