突きと突き受け

「突きは突かない? 」で、説明しましたが、

いちいち突く前に拳を引いて溜めていては遅れてしまいます。

相手はそれまで待ってはくれません。

引くのではなく今ある位置から前へ出るだけ。

引いて溜めないとパワーが出ないというのは大きな勘違いです。

ほんの数センチあれば突きは出ます。パワーある突きを出すことが出来ます。

ここで言うパワーとは・・・スピード×力です。






正しい呼吸法を身につけると、突き受けが出来るようになります。

ここでの突き受けとはお腹で突きを受ける事。

要は、お腹を突かれてもなんともなく、平和だということ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

功心道

年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

プロフィール

功心道

Author:功心道
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ