軸を捕るためには・・・

 




 


 「相手の軸を捕る」・・・とは どういうことなのか前回書きました。 


 


「相手と接する部位をセンサーとして自分の胎を相手とつなぎ、中心軸を掴んでしまうということ。


センサー部に力が入っている訳ではないので、軸を捕られた者からすれば、


どこにどう力を入れたらいいのか分からないし、力を入れようにも入れる事が出来ない状態に陥る。」


 


では、どうすればこちらの身体の部位をセンサーとして、相手の中心軸を捕ることができるのか・・・・


その答えは簡単明瞭。


   脱力する事なのです。


ただ、身体の力を完全に抜いてしまうと立ってられなくなります。


生きていない(?)状態になってしまいます。


自分の中心軸はしっかりと意識していなければなりません。


それじゃ、どうしたらいいの?


それは 脱力。タントウ(站椿)編 で既に書いた通り。


まるで・・・禅問答。


 


 それらの為には・・・正座。座禅。が重要になってきます。


また、次の機会に・・・。 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

功心道

年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

プロフィール

功心道

Author:功心道
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術

日本古来の体の使い方と、形稽古の応用により、身を守る術を身につけます。
古武術呼吸法と自己整体により、健康の維持増進を図ります。
相手から自分の身を守る護身術は勿論の事、自分の健康を守る健康護身術も修練します。

「古武術教室」

検索フォーム

QRコード

QR

月別アーカイブ