脱力。タントウ(站椿)編

 




タントウ(站椿)・・・・・・少年部では「立禅」としています。


 


ダツリョク、脱力、と 世間一般では簡単に言うけれど、これが結構難しい。


完全に力を抜いてしまうと人間立っていられるわけもなく、生きていない状態になってしまいます。


力が抜けていて自然体であるのですが、エンジンはしっかり掛かっており(我が家の若い衆はエンジン点けるなんて言いますが)、


常にアイドリング状態でないと何もできません。


コンピューターのようにオン、オフしかない二進法では外力、外圧には対応できません。


人間は電気スイッチのオン、オフで動いているのではないのですから・・・・・


 


力は抜けているが胎のエンジンはアイドリングしており、センサーである腕、手先、指先、脚、肩、全ての部位で、


相手の力、圧力を察知し、それに見合っただけの気持ちを入れる


胎と各センサー部位は遊びが無い状態でつながっており、絶えずレスポンスがよい状態をキープ。


決して力に対して力で対応するのではなく、自分の胎を相手の胎と繋ぐイメージを持つ。


 


そうすればこちらの意思に反して(と、言うよりこちらが意識せずとも)相手が勝手に動く。そして崩れる。


これは至って自然な事。


こちらが力に頼っているのではないのですから、力で対応しようとする相手はこちらに対し、


つかみどころが無くなり、無力化されてしまうのです。


 


 


 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ