挨拶について・・・


“あいさつ”は何のため?


なぜ? あいさつが必要なの?


生徒諸君考えた事がありますか?


「おはようございます」


「こんにちは」 


「こんばんは」


皆さんよく使うあいさつ言葉だと思いますが、


「こんにち」 「こんばん」の「は」は「わ」ではありません。


なぜならば後に続く言葉があり、それを省略しているだけだからです。


「こんにちは・・・」 「こんばんは・・・」 となります。


たとえば・・・


「今日は、お勤めご苦労様です」 とか 「今晩は、夜分のお勤めご苦労様でござる」 なんて、


宮使いの人同士、あるいはその人たちへの労い、気遣いの言葉でした。


また、あいさつ言葉をお互い掛け合う事によって、私はあなたに敵意を持っていません。


「私はあなたにとって得体の知れない者ではござらぬ。」とか


「私はあなたの敵ではありませんよ」との意思表示だったと思います。


 


現代ならさしずめ


「今日は、いいお天気で良かったですね」 とか 「今晩は、めっきり冷え込んできましたが、お体に気をつけてください」


なんてなるのでしょうか?


 


ですから、道場(教室)に入る際にはしっかりと「あいさつ」して下さい。


さもなくば・・・・私にとっての「敵」だということになってしまうかも・・・です。


 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ