わらしべ長者のお土産?


 昨年の事となりますが、長男が英語も解らんくせにアメリカ横断一人旅。


日頃、ウチではくだらん事結構ペラペラしゃべっているくせに、肝心な事はあんまり話さない。


ポツポツ小出しにおもしろい話が出てきます。


 


アムトラック(?)とか言う列車で基本的に移動したのですが、途中5時間も故障のため


足止めを食ったらしい。日本で列車、電車の故障なんて滅多にないので感が狂ったのか


州が変わり時差があるのに計算に入れるの忘れ、目的地に1コ前の駅で降りてしまった。


で、次の列車まで何時間も待たなきゃならないし、お金も節約したい。


そこで、ヒッチハイクしようと来る車に手を挙げていたら・・・・・


パトロールカーがサイレン鳴らして目の前に停まり、不審者として連行されかけた。


このことは以前書きましたが、なんとその時間が午前3時〜4時頃だったって


ポツリと言いよる。・・・そりゃ、連行されるわ。


 


何食べていたのかって話になって、一日一食しかもファストフードやジャンクフード。


所持金を聞くとびっくりするほど少ない金額。(そんなん日本で自宅で晩飯食っても足らないやろ)


しかも、初日の宿だけはユースホステルが予約できず、結構高級ホテル。


なのに、なぜかカード払いげ出来ずにアメリカ一人旅初日に全財産の半額を投資してしまったとか・・


 


セドナに行きたかったが交通手段がなく(お金が心細いって意味です)困っていたら、


同室で知り合いになったアメリカ人旅行者が、「昨日知り合ったヤツが車でセドナへ行くって行ってたから話してやる」(息子にはそんな風に聞こえたらしい)


「OK、サンキュー」ってことになったら・・・・・


本当に次の日、その知り合った知り合いの知り合いに同乗しセドナに連れて行ってもらった。とか・・


その車ってのが日本のトラック(車に疎いので車種は分かりません)で、


「やっぱ! 車は日本車。そしてマニュアルシフトじゃなきゃ!」(こう聞こえたらしい)


その割にはシフトチェンジがヘタで怖かった。とか


 


わらしべ長者を地でいく逞しさ。


 


ペットボトル事件。とか


 


トップの写真はわらしべ長者たるゆえんのテント。


我が家の玄関に置きっ放し・・・ 


 


面白い話の続きは・・・次回。


 


 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ