スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、思うこと

もう四半世紀前のこと。


当時東京本社に勤務していた私は、仙台でのプロジェクトのため


上司とたった二人で仙台事務所開設に奔走し、そのまま仙台支店勤務となりました。


諸事情で1年間仙台で勤務した後退社しましたが・・・・


 


東北地方には沢山の思い出、思いいれがあります。


事務所開設直後にプロジェクトが始動したものだから、ドタバタと地元の業者の方々に大変お世話になりました。


 


業者の若者たちや、顧客のスタッフたち 25,6歳の同世代と知り合いになり、


いろんなとこ案内してもらったり、土地のもの食べに連れて行ってもらったり、


昔バイクに乗っていたって若者が実家にバイクを取りに行き、わざわざレストアし


ツーリングに付き合ってくれたり・・・


東北の人たちの暖かさに触れるにつけ、東京本社勤務から仙台に転勤が決まったとき


思い悩んだ自分が滑稽に見えるほど仙台勤務は快適でした。


仙台っ子は地元に対して誇りを持っているっていうのをひしひしと感じたり、


東北の方々、宮城、青森、秋田、岩手、山形、福島、出身の方々に


仕事上のみならず、公私共に大変お世話になりました。


のんびりと、損得なしにお付き合いしてくれる方ばかりでした。


 


退社してからはお付き合いも、連絡を取り合ったりも皆無ではありますが、


その時お付き合いのあった方々の顔が思い浮かびます。


松島、気仙沼、名取、大船渡、釜石、陸前高田、宮古


メディアから飛び込んでくる地名は覚えのある地名ばかり。


地方から仙台に勤務している方が多かった記憶があります。


そのときご縁のあった方々の安否が気がかりですし、被災された方々、亡くなられた方々


想像もつかないとてつもない被害だと感じています。


仕事で訪れたことがある街もあります。 ツーリングで訪れた街もあります。


 


一方、被災地に飛び込んでも何の役にも立たない自分がここにいます。


今、何が出来るか。


食料品や飲料水が足りないと聞きますが、輸送手段を持ちません。


 


出来ることいえば普段どおり経済活動に勤しみ、募金するくらいです。


後は、周波数が違うとはいえ少しでも節電することぐらいしか出来ません。


 


でも、今自分に出来る事を実行する。 今はこれ以外考えられません。 


 


 


朝、目覚めたとき。 生きている事に感謝しなければならないと痛感しています。 


 


Yahoo!募金   goo募金


↑        ↑       


こんな募金があります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。