親子観察


普段子供たちと接する機会に恵まれているので、


子供や親の言動や行動が意識せずとも目に付いてしまいます。


結果、親子観察状態になることが多々あります。


 


先日スーパーで買い物中に出くわした出来事。


子供が買い物カートに乗っていてその子を降ろしたい父と母。


4、5歳の女の子は降りたくない模様。


「降りなさい」と母。


「降りなさい」と父。


でも女の子は降りません。


なんだかんだと降りるのを嫌がる娘


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そこでお父さんが・・・「降りなさい。先生に言うで!」


今まで色々なお父さん、お母さんの子供に対するフレーズを聞いてきましたが、


「先生に言うで〜っ」ってのは初めて聞きました。


 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 


結果は・・・・予想通り・・・


即座に子供がカートから跳んで降りました。


 


「どんなんやー」 「なんでやねん!」って、突っ込み入れたくなるほど


驚くやら おかしいやら・・・・


 


どんな先生なのか? 何の先生なのか?・・・


知りたかった。


私でないことは確か・・・だと思います。(他府県だし、その子に見覚えがないので・・・)


 


そんな先生に「なりたいような、なりたくないような」


 


うん、絶対になりたくはありません。


 


 


 


写真はバイクの親子。 友人が作ってくれた「チョッパーくん」


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ