医療費控除

本日は平成22年2月2日

2のぞろ目

ってことで(?)

久々のマメ知識(なんの関係もありませんが・・)

医療費控除について書きたいと思います。


〜どんなものが控除できるのか?〜

 あなたやあなたと一緒に暮らしている家族(仕送りをしている家族を含む)のために、平成21年度に支払った医療費が10万円を超える場合、超えた金額が控除の対象になります。
この控除は領収書が必要となりますのでご注意ください。

☆医療費控除の具体例☆
 ○インプラントや歯列矯正
 ○レーシック(視力回復)←最近、騒がしかったですね
 ○通院のための電車、バス代(領収書不要です。メモ書きでOK)
 ×マイカー通院のガソリン代や駐車料金
 △タクシー代←病状から急を要する場合や骨折などで電車、バスの利用が困難な時はOK
 △健康診断、人間ドックの費用←重大な疾病が発見され、引き続き治療した場合OK
 ×ビタミン剤、体力増強など、治療のためではない医薬品、健康食品


  歯列矯正は高額になることが多いので10万円すぐに超えてしまいます。
  交通費も控除の対象になるのがポイントです。
  一度計算されることをおすすめします。
  少しでもお金が返ってくるのってうれしいものですから・・・


 以上、久々のマメ知識でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ