「場に習う」ことへの感謝!


時間の関係で・・・毎回とはいかないのが・・・

非常に残念なのですが・・・
(本当は毎回稽古のはじめと終わりに実施すべきです・・)

道場の雑巾掛けを全員で行います。

子供たちは喜んで「雑巾掛け」をしてくれます。
(ま・ま・まさか 稽古をサボれるから?)冗談です。


最近、「雑巾掛け」がやたら速く進めるようになってきました。

「おーい、だれやー 真っ直ぐ進めないのは」






「場に感謝しながら床をきれいにしてほしいものです。」

(素足で稽古するので、異物が落ちていないかチェックの意味もあります)






趣旨は・・・

「師に習い、友に習い、己に習い、場に習う。」

そのうちの「“ 場 ”に習う」です。




子供たちが各家庭で掃除の手伝いができるようになることを期待しています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ