「怒る」と「叱る」


「先生におこられる」ってフレーズを誰彼なしに聞く事がありますが、

私は生徒を『怒った事』が一度もありません。

しかし、『叱る事』は多々あります。


『叱る』のは教育、指導の一環であって『怒って』いるのではありません。

『怒る』のは自分の感情だけであって、「教育、指導」の気持ちが入っていません。

子供たちに愛情を込めて日々叱っています。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
未分類 (72)
御挨拶 (0)
稽古日のご案内 (5)
功心道として (37)
スケジュール (88)
指導者として思う事 (85)
つぶやき (67)
行事 (16)
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ