上の子と下の子


今回は、『上の子、下の子』について・・

兄弟、姉妹で下の子が赤ん坊の時、両親が掛かり切りになるので、

上の子が荒れるというふうによく聞きますが、

私は少し考えが違います。


自分の三人の子供(一番上はもう成人です)を見てきて、

また、学生時代から先輩方の空手道場で指導を手伝い、

現在も空手道場で指導し、そして当運動教室での指導を通し

子供たちを見てきた経験上です。


空手道を通してが大半で、あと子供が幼少のころ我が家が

保育園状態(毎日みんなが遊びに来ていた)だったので、

入れ替わり立ち替わりやってくる子供たちに接していた。

このような経験です。





下の子がまだ小さくて、自分より圧倒的に弱い立場にあるときは、

親と一緒の感覚で世話をしたり、かわいがったりしていますが

弟(妹)が少し成長してきて自我に目覚め、自己主張してくると

圧倒的に弱かった相手が自分と対等になってくる。

でも、親としてはどうしても下の子に掛かり上の子に我慢を

させてしまうことがある。

そこで上の子が混乱します。

圧倒的に弱く自分が守っていた下の子が、ライバルになってくる。

自分の言う事を拒否したり、ある意味攻撃もしてくる。

親もどちらかというと下の子をかばう。

「ちょっと!分が悪いぞ!」


ですから、下の子が赤ん坊の時より少し成長し自己主張

してくるころが、上の子が神経質になったり精神的に不安定に

なってくるのだと思います。



いろいろなことに揉まれ、教室内ではいろいろな個性の同世代や

先輩と接して、またぶつかり合って成長していって欲しいものです。


「がんばれ!少年少女たち」










写真は滋賀県彦根の幼稚園のモニュメント

「この二人素敵です!」
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
未分類 (75)
御挨拶 (0)
稽古日のご案内 (5)
功心道として (37)
スケジュール (90)
指導者として思う事 (85)
つぶやき (67)
行事 (16)
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ