正座のしかたは?出題編




『結び立ち』から『正座』『礼』そして『結び立ち』までの

一連の流れから出題です。




『結び立ち』は字のごとく踵をくっ付け爪先を帯の結びのように

( )°程度開く立ち方です。(90°の場合もあります)

姿勢を正し、両手は体の横に添って下に伸ばす。

ここ状態から『正座』にうつります。

最初に( )足を半歩引く。

( )膝を曲げて床につける。同時に( )足は立て膝で中腰になる。

( )足を引いて( )足の親指の上に( )足親指を重ねて腰を下ろす。

両手は(   )におき、( )は体につける。

ここから『座礼』します。

( )手、( )手の順に膝の前に( )向に床につけ、上体を

傾け礼をする。このとき(  )を浮かさない。

( )手、( )手の順に引き、『正座』の姿勢に戻る。

『結び立ち』に戻るのは、両方の爪先をたて腰を浮かす。

( )足を半歩前に出し、( )足を寄せて立ちます。


以上、なぜなのか理由も子供たちには教えています。

(普段、話を聞いているかな?)



前回の「象放し飼い(?)公園」は「奥琵琶湖パークウェイ」

つづらお展望台駐車場の一番奥です。

(注意:現在道路工事中で、つづらお荘方面からの一方通行です)




今回も写真と本文になんの関係もありません


「カッパ発見!」拡大写真

「ここはどこでしょう?」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ