第一回 功心道空手大会


最近思う事。


組手が上達してきたな。


少し前までは「猿のケンカ」状態。


突いているのか引っかいているのか微妙だし、


キャッキャ、キャッキャと逃げる、追いかけるの繰り返し。


そこまで逃げなくても相手の攻撃届かないですよ。・・・ってな具合。


 


今、一定のルールのなかで組手をさせていますが、ルールの精度を上げなくっちゃ。


それも、早急に・・・


この調子で上達していけば・・・・年末には試合として成立するかも。


今年最後の稽古日に 「功心道空手大会」 


計画してみようかな


 


 


 

スポンサーサイト

古武術 功心道として・・


古武術 功心道には、現在2クラスあります。


 


子供の部を「キッズ空手教室」、大人の部(一般の部)を「古武術教室」としています。


「キッズ空手教室」は、護身術を基本に古武術の動きを取り入れた、心身ともに健全で心と身体のバランスがとれた人格育成を目的とした子供のための空手教室で、


 


「古武術教室」は、護身術を中心に、ゆったりとした簡単で無理のない運動で心身共の健康維持、増進を図り、無駄のない楽な体の動かし方を身につけることを目的とした教室です。


 


中学生までが「キッズ空手教室」所属となりますが、


中学生にはジュニアリーダーとして後輩の指導に当たってもらいます。


自分自身稽古するだけでなく、後輩の面倒も看るという役目が増えます。


人に伝えることによってその難しさを体験し、自身をステップアップして欲しいから・・・


 


そして、中学を卒業すると、大人の部(一般の部)であります「古武術教室」に編入。


そして、「キッズ空手教室」のジュニアリーダーの中学生を指導し、


自身は古武術教室で大人と一緒に稽古するということになります。


つまり、さらなるステップアップ、


次のステージが待っているというわけです。


 


中学生以上になると自分自身を鍛えるだけでなく、


指導者のサポートに回り後輩を指導することによって自分自身も成長していく。


 


以上が 功心道としての私の理念。


 


 

プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ