スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試練


教室での稽古で
生徒に試練を与えるようにしています。

当然、それぞれの生徒の経験、年齢、体格を加味したうえで。

ここで、生徒の対応が大雑把ですが3種類に分かれます。

その1  歯を食いしばってでも試練を受け止める。

その2  受け止めようとするのだけれども挫けてしまう。

その3  受け止める気がなく最初っから逃げ回る。



「その1」パターンが約30%

「その2」パターンは一番多く約50%

「その3」パターンは約20%


ある程度試練に立ち向かう姿勢が欲しいのですが、

なんだか考えさせられます。




今、100年に一度の不況と言われています。

(100年に一度がなんで今なんやーって言いたいが・・)

大人はこの試練に立ち向かっています。

子供たちにもがんばってほしいものです。




写真は滋賀県の「永源寺」の紅葉です。

---癒されますよ---



スポンサーサイト
プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。