スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱力です。

子供たちを見ていると『体が柔らかく動きもしなやか』

『体は柔らかいのに動きが硬い』

『体は硬いが動きは柔らか』

『体が硬く動きも硬い』

このようなタイプがあります。

しかし、

最近動きが硬い小学生をよく見かけるようになった気がする。

昔から「肩の力を抜いて・・」とか、「無駄な力を抜いて・・」なんて

よく言われていますがこの『脱力』って結構難しかったりする。

『脱力道』 なる『道』があってもいいくらい奥深い。


当運動教室には“かしこい”生徒が多いので

天才「脱力ってなに?」

私「力を抜くこと」

天才「先生、力抜いたら立ってられへん」

何人かがへたりこんだ(座り込んでころんだ)

「・・・ごもっとも・・・」
スポンサーサイト
プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。