10月のスケジュール


↑カレンダーをクリックすると拡大されます。



10月のスケジュールです。

今回のカレンダーは「運動会」がテーマです。(おっきいおねーさん先輩が上手に描いてくれました)

13日は体育の日、30日は私の修行日でお休みです。

日頃子供たちに指導する為、自分自身の修行、鍛錬は欠かせません。

月末は自身の修行日として、精進しています。



前回の教室で「卓球」を取り入れてみました。(空手の稽古もちゃんとやっています)

年少者はいまいちルールを理解できないので、無法地帯と化していましたが

なんとなく自分なりに理解できそうになってきました。

いろいろな運動を通じて「ルール」を理解し守っていく感覚を身につけていってほしいものです。
スポンサーサイト

運動会の季節がやってきました!


この「たぬき」のように寝ている場合ではありません。

運動会の季節がやってきました!!


運動会で思い起こされるのが、我が家の子供たち

幼稚園だったか小学低学年だったか記憶があやしいけれど、

極度に緊張し、張り切って歩くので、右手と右足が同時に出ます。

親としては超うけていましたが、よくよく考えると

これは日本人の昔からのDNAを受け継いでいるのかもしれません。

その昔日本人は『ナンバ(難場)歩き』 『ナンバ走り』といって

右足を出すときは右手、左足を出すときは左手を同時に出していました。

(江戸時代に書かれた画の人物がこうやって歩いています)

着物で現代の歩き方をすると着崩れしそうなので、もしかして着物が生み出した歩き方なのかもしれません。(これは私の想像です)

この『ナンバ歩き』 『ナンバ走り』は効率がよく、疲れにくいとされています。

身体がねじれないので腰に負担がかからないのかも。



空手道で『順突き』(追い突きとも言います)とは右足(左足)が

出たときに右手(左手)で突きます。


それとは逆に右足(左足)が出たときに左手(右手)で突くのを

『逆突き』と言います。

『ナンバ歩き』が根底にあるから『突き』になるのだと私は思っています。



お子様がなにかの拍子にこんな歩き方をしたら、

ナンバ歩きだ! 日本人のDNAだ!

と、あたたかく見守ってあげてください。

食欲の秋


いくら食欲の秋とはいえ、これはでかすぎて食べられません。

車で走行中に見つけました。

岐阜県内の国道417号線のどこかにあります。

探してみましょう!(そんな暇な人いません・・きっと)



話は変わって「卓球台」を倉庫で発見しましたが

「道場内」に搬入するかどうか悩んでいます。

距離と段差の問題もあるし

それよりも決して広くはない道場に卓球台を置いてしまうと

走り回った子供がぶつかってケガしないか?

ちょうど頭や顔をぶつけてしまう高さなんで。

狭くなるので日頃の鍛錬ができなくなりそうだし。


9/25(木)限定で卓球大会を1度開催しようか

朝晩涼しくなってきました


朝晩すっかり涼しくなってきました。

スポーツの秋到来です。



ところで、

道場の物置に卓球台がなぜかあります。

少し小さいジュニアサイズ(?)ですが・・

小学生低学年、幼稚園児にはまだきびしいかな?

それとも父兄参加型「卓球大会」を開催しようか?

現在考え中です。いいプランないかな?




子供との禅問答


小学1年生の生徒との禅問答

勢いあまって壁にぶつかって歯を打った少年

少年「先生、歯がぐらぐらする。」

少年「ぼく最近ろくなことない。」

私「いいことがあれば、辛いこともある。」

私「次はいいことあるよ、きっと」

少年「ない、ない、ぼく生まれてから3回ほどしかいいことない。」

私「3回あったらいいやんか。1回もない子がいるかもよ。」

少年「お金持ちでもないし」

私「お金持ちは幸せか?そうとも限らんぞ」

少年「おもちゃいっぱい買えるから幸せやで。」

私「おもちゃいっぱいあっても遊ぶのあきるで。しんどくなるで」

少年「毎日いっぱい遊べるから幸せやで」

私「・・・・」



ちなみに家に帰り我が家の長男に聞いてみると・・

「3回もあったら幸せやで。おれなんかいままで1回しかないで」



・・・・だそうです・・・・



がんばれ!    幸せな少年 





今回の写真も本文とは関係ありません。

しかし、だれかに似ていませんか?





プロフィール

功心会

Author:功心会
年齢や個人の体力に合わせた老若男女どなたでも行える健康護身術
「古武術空手教室」

カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
月別アーカイブ